チビ(H16年2月生まれ)の成長記録と日々のこと


by na2_ex
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

英語手帳

買い物にきて、ちょっと立ち寄った本屋さんで
釘付けになってしまった。

英語手帳

目に付いたときがチャンス。

まずは毎日開くことを目標に始めてみよう。
もうすでに1月半ば・・・
手帳の始まりは、2007年12月・・・
くっ がんばれ~~っ。042.gif
[PR]
by na2_ex | 2008-01-14 06:41 | つぶやき

いじわるうさぎ

いじわるうさぎ―やっと会えたね
俣野 温子 / / ほるぷ出版



チビが幼稚園から借りてきた本。
チビのために読んでいたつもりが、
途中からチビは寝てしまっても
自分のために読み続けてしまった。

本の題名から想像した内容とは違った。

温かい絵と、ふと頷きたく文面に心癒される。
どこかで見たことがある絵だなぁ、と思ったら、
「わたしの赤ちゃん日記」やパジャマのデザイン画や
グッズでおなじみの、俣野さんが著者だった。

何度となく開きたくなる絵本。

チビには、まだ難しいのでは?
でも、これを選んでもって帰ってきたチビ。
何か気に入ったのだろう。
うさぎちゃんの表情かな?ダンスの様子かな?
どこが気に入ったのか聞いてみたい。

毎週、幼稚園で違う本を貸してもらえるようだ。
次は、どんな絵本を選んでくるのか
また楽しみになった。
[PR]
by na2_ex | 2007-05-23 21:29 |

めいろ

やさしいめいろ―3・4・5歳 (1集)
/ くもん出版




お友達から聞いたドリルを試しに買ってみる。

立体的で、ちょっと楽しい絵。

チビは、最初、行き止まり、が分からなかったが
1度、説明すると分かったようだ。

次々、もっともっと!とやっている。
なかなかおもしろいみたい。
1冊、あっという間に終わっちゃいそう。
[PR]
by na2_ex | 2007-02-17 06:04 |

21世紀のチェルニー

21世紀へのチェルニー―訓練と楽しさと
山本 美芽 / / ショパン



生徒に与えるチェルニー、使うべきか使わずに
他の教材探すべきか・・
いつも悩む。

私自身子どもの頃は大嫌いだったチェルニー、
今現在の私は一番好きで日頃弾いている。

だが、生徒には、、確かに楽しい本ではないだろう。
でも、私は、使わない決心はつかず
問題を感じながらも使っている。

この本を読んで、どう使っていけばいいか、
悩んでたことが解消された。
しかし、他の選択肢がいろいろ増え、
アレコレ教材研究はこれからまだ続く・・・

少しは私の指も一緒に鍛えられるかしらん。(願望)
[PR]
by na2_ex | 2007-02-06 07:42 |

食品の裏側

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司 / 東洋経済新報社



著者は元添加物のトップセールスマンだったようで、
食品業界の製作過程が生々しく
語られていて、今後、食卓に並べるのが怖くなる。
でも、添加物には、いつも世話になってる、ベーキングパウダーやら
重曹やら、ありがたいこともいっぱい。

今後、キケンな添加物は口にしたくないが、だからといって、
著者も言われるよう自給自足でもしないかぎり、添加物なしの生活は
ありえない。

著者も「買ってはいけない」とは述べていない。
ただ、あの食品にはこれだけの添加物が入っていて、
体にいいと思っているものが、実は、そうではないんですよ。
ということ。
消費者は理解して、賢く、食品を選びましょう。
安易に便利で美味しくて安いものに飛びつかないように!との忠告
とうけとめた。

最近、気になる「食育」のためにも、
今後、スーパーで食品を手にとって、しばし、
裏側をじぃーーーっと見つめないと。(笑)
[PR]
by na2_ex | 2006-04-20 23:04 |
昔、日本人は「しつけ名人」だった
武光 誠 / サンマーク出版



しつけ 躾
漢字にすると、その意味も明らか。

たっぷり甘えさせたいとは思ってるが、
甘やかしたくないと常々思う。

ちょっと気になる、言葉、「しつけ」


読んでみて、今も昔も親のあり方は変わらない。
親がまず、子どもの手本となるよう、毎日を
過ごしていれば、子どもはそれを習ってくれる。ということ。

この本で、江戸時代の美徳として、
「誠実さ・潔さ・勤勉さ・人情味・義理がたさ」
があげられている。

家族崩壊・・学級崩壊・・そんなことが日常に起こってしまう
今だからこそ、昔からの家庭教育がいちばん
大事、と気付かないといけない。

人は1人では生きられないし、やはり、チビには、
家族含め、多くの人とのかかわりあいは
温かいものであってr欲しい・・
そして、人から好かれる心の美しい人になってもらいたいもの。

まずは、私たち大人が、恥ずかしくない人間に!

まだまだ発展途上だねぇ~^^;
[PR]
by na2_ex | 2006-04-19 22:51 |
子育てハッピーアドバイス|Excite エキサイト ブックス (文学・本・読書)

輝ける子 などの分かりやすい育児本で
おなじみの精神科医、明橋 大二先生の著書。

これまでの4作シリーズで反響のたかいもの、大切なものを
とりあげられている内容。

この本の中の言葉で、いつも、忘れずに子どもと接していきたいと
思ったものがあった。

 10歳までは、親の都合ではなく、
 子どものペースで甘えさせてあげること。

 子どもは、甘えと反抗をくりかえし、成長し、自立に向かっていく。

 子どもの話を「大きく頷いて」「同じ言葉をくりかえして」聞く。

 ありがとう!の声かけで子どもの存在を認められたと感じ、
 自己評価がどんどん高まっていく。


自分が生きている意味がある、大切な存在なんだ、という
気持ちを子どもの心に植えつけてあげることが
何より大事なこと。

ホントにそうだ。
躾も大事だが、何より大事なことがある。それは生きる力。
チビにも、自信を持って生きてもらいたいもん。

ちょっと肩の力を抜いて、チビと接していこうと思った。
[PR]
by na2_ex | 2006-03-13 14:52 |
ママのおなかをえらんできたよ。 | Excite エキサイト ブックス >
胎内記憶、著者の池川先生の統計によると
半数のこどもにあったそう。

チビにもお話ができるようになったらきいてみようと
思っていた。
・・・まだ、今のチビは答えてくれなかったけど。

この本を読んで、強く感じるのは、
こどもが私たち両親を選んで
私たちのために、そして、自分の人生を全うする為、
この世にきてくれたこと。

ほんの15分もあれば読めてしまったが、涙がでてきた。
最近、チビのいたずらにふりまわされ、毎日、大声はりあげている。
日々の疲れが、ふっとぶひと時だった。

チビ、うちにきてくれて、ありがとう!

寝ているチビのお顔が天使にみえた。
[PR]
by na2_ex | 2006-03-08 09:32 |

千住家の教育白書

千住家の教育白書
千住 文子 / 時事通信社
スコア選択:



千住家の教育白書 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

日本画家、作曲家、バイオリニストの3人の子供を育てた千住文子さんの本。
千住家はどんな家庭教育をして、それぞれ3人の芸術家がどのように
育ったのか、興味本位に手にした本。

やはり、教育とは愛が前提にないとできないということ。
そして、天才は、人並みならぬ努力のもとに大成するということ。
千住家の深い愛情と絆に心が熱くなりながら
あっという間に読めてしまった。
[PR]
by na2_ex | 2005-09-16 11:21 |

心がホッとするNEW育児法

こころがホットするNEW育児法―お母さんの不安が消える本!
巷野 悟郎 / 講談社
スコア選択:



チビの昼寝中、1冊読めちゃった。嬉しい。

さすが、おなじみの巷野先生。
ホントに、読んでホッ。安心できる。
決して新しい育児法というわけではないが、
育児書や周りの意見に惑わされず、自信をもって
母親の感覚を磨きたい、と思う本。
[PR]
by na2_ex | 2005-09-14 16:29 |